メディプラスゲルってどんな化粧品なの?

画像

 

オールインワン化粧品はどれも同じだと思っていませんか?

 

実は私もつい数年前までそう思っていました。

 

メディプラスゲルを使っている今は違います。

 

化粧品業界の裏をのぞいてみると、本当の効果にこだわって作られた商品と、利益追求だけを目的に作られた商品が混在してるのです。

 

私がお勧めするメディプラスゲルはもちろん前者です。

 

しかも、効果、成分、価格の全ての面で、他のオールインワンを圧倒しています。

 

それは、メディプラスゲルの開発者である代表の恒吉明美さんの熱い思いがこめられているからなのでしょう。

 

私がまず驚いたのは、彼女の若々しさと美しさです。

 

とても幼少からアトピーに悩んでいたとは思えないほどの美肌で、開発者自らの美肌でメディプラスゲルの実力を実証しているのです。

 

恒吉さんは生まれたときから重度のアトピーで肌が弱く、いつも全身カサカサで、幼稚園ではいじめられていたそう。

 

大人になるにつれてひどくなる一方で、極度の乾燥で顔や首には深いシワが刻まれ、友人の母親に間違われる始末。

 

ひきこもり生活から脱しようと日本舞踊を習うも、化粧負けで顔が2倍に膨れ上がり。。

 

自分に合う化粧品をもとめてネットワーク販売にだまされたこともあるとか。

 

その後、皮膚科勤務を経て、たくさんの女性のいろんな悩みを聞き、自分も満足できておすすめできる化粧品を作ろうと一念発起。

 

成分にこだわりテストを重ね、利益度外視でやっとの思いで完成したのがメディプラスゲルなのでした。

 

巷にある利益追求型のとりあえず美容成分いれて安くつくっちゃいましたのオールインワンとは根底から異なる商品だと思いますね。

 

それだけの商品なので、愛用者もどんどん増えて行き、販売数は600万本を突破しているそう。

 

世の乾燥肌・敏感肌の女性がどれだけ救われていることでしょう。

 

もちろん私もそのうちの一人です。

 

いろいろと塗りたくるお手入れ(与えすぎ、擦りすぎ)は、余計な刺激を与えることになり、敏感なお肌にとってマイナス。

 

しっかりとうるおいを与えること以外、何もしないのが一番だと恒吉さんは言っています。

 

メディプラスゲルは、一本で潤す、整える、守り抜く、与える、の4役を完結させるために美容成分62種類配合しています。

 

3種類の高濃度ヒト型セラミド、3種類のヒアルロン酸、2種類のコラーゲン、プラセンタエキス、ビタミンCなどを配合し、さらに浸透と持続を両立させるために出雲玉造温泉水を採用しています。

 

そしてもちろん、「合成界面活性剤」「防腐剤」「香料」「着色料」「鉱物油」などの肌に負担をかける成分は一切使用しないことにもこだわっています。

 

大人の肌環境を向上させてくれるメディプラスゲルは、シワなどのエイジングケアにも良いから、40代を迎えたこれからもずっと使い続けられる化粧品だと思っています。